【不動産鑑定の知識】アクセスランキング

不動産鑑定の知識

「不動産鑑定評価基準」は不動産鑑定士が遵守すべきもので、不動産鑑定を理解するということは不動産鑑定評価基準を理解することに他なりません。

しかし「不動産鑑定評価基準」は難解な文章が多く、たくさんの専門用語が出てきて読むのが大変です。

そこで「不動産鑑定をもっと身近に、もっと知って、もっと役立てて頂く」ために「不動産鑑定の知識」ページを作りました。

「不動産鑑定の知識」では不動産鑑定評価基準等の内容をジャンルごとになるべくわかりやすい文章でご紹介しています。

アクセスランキング

今回は「不動産鑑定の知識」のうち、どのページがアクセスを集めているのかご紹介します。

※全期間の累計PV数をもとに集計しました。(2022年5月28日時点)

PV(ページビュー数)ランキング

第1位

【土地残余法の意義解説】

ページを読む
第2位

【有期還元法の意義解説】

ページを読む
第3位

【開発法の意義解説】

ページを読む
第4位

【期待利回りの意義解説】

ページを読む
第5位

【最終還元利回りの意義解説】

ページを読む
第6位

【還元利回りの意義解説】

ページを読む
第7位

【投下資本収益率の意義解説】

ページを読む
第8位

【賃料差額還元法の意義解説】

ページを読む
第9位

【DCF法の意義解説】

ページを読む
第10位

【対象確定条件の意義解説】

ページを読む

ランキングに占める割合

ランキングを見てみると、

トップ10のうち、5つが評価手法

  • 土地残余法(1位)
  • 有期還元法(2位)
  • 開発法(3位)
  • 賃料差額還元法(8位)
  • DCF法(9位)

トップ10のうち、4つが利回り

  • 期待利回り(4位)
  • 最終還元利回り(5位)
  • 還元利回り(6位)
  • 投下資本収益率(7位)

トップ10のうち、1つが基本的事項

  • 対象確定条件(10位)

からのランクインとなりました。

評価手法や利回りへの関心の高さがうかがえます。

(利回りについては、本当に難しいので調べている人が多いのかもしれません)

なお、ランクインはありませんでしたが、

土地・地域の種別

不動産の種別類型 評価方法

不動産の価格に関する諸原則

価格等調査ガイドライン

財務諸表のための価格調査

不動産鑑定評価基準の改正点

等の項目もありますので、不動産鑑定に興味がありましたらご覧下さい。

不動産鑑定コラム無料購読

不動産鑑定士

倉坂 和斗
倉坂 和斗税理士試験科目合格・宅地建物取引士・FP技能士
株式会社バリューアプレイザル
(公)日本不動産鑑定士協会連合会 会員
(公)東京都不動産鑑定士協会 会員

不動産鑑定のお問い合わせ

不動産の価格または賃料でお困りの際は下記からお気軽にご相談ください。
当日または翌日中にメールで御連絡をいたします。