共通

適正価格を知ったうえで、明確な根拠のある価格交渉が可能になります。

個別性が強く、価格相場がわかりにくい、借地権・底地の適正な時価がわかります。

所有不動産の資産価値の把握に有用です。

不動産鑑定評価書を用いて、根拠と説得力のある賃料交渉が実現します。

個人

公正中立な鑑定評価により、相続人同士のトラブルを防止します。

特別の事情がある場合に、不動産鑑定評価により相続税が安くなる可能性があります。

お互い納得のいく財産分与を実現するためには、公正中立な不動産鑑定評価が最適です。

親族での不動産売買が低額譲渡とみなされると多額の贈与税が発生します。このようなリスクを不動産鑑定により回避できます。

法人(設立予定を含む)

会計基準から要請されている、減損・賃貸等不動産の時価注記等の鑑定評価を行います。

税務調査が入った際に、適正な時価で取引が行われたことを証明できます。

会社法に定められた不動産の現物出資を行う際には不動産鑑定評価が必要です。

資産管理会社に不動産を移す場合には「時価」で譲渡する必要があります。