借地権・底地

「借地権・底地」のための不動産鑑定とはどんな状況


借地権や底地は市場が限定されており、また権利関係が複雑なため、一般の方にはその相場を知る事は非常に困難です。
(相続税評価額は課税のための価格であり、時価ではありません)

また、借地権を土地所有者に売却する場合と第三者に売却する場合では価格が変わります。
借地権・底地の”買取または売却”や”資産評価”で適正な価格を知りたい場合には、不動産鑑定が有効です。

「借地権」と「底地」の違い

借地権とは
借地権とは、建物を所有する目的で土地を借りる権利を言います。
具体的には、”土地の賃借権”または”地上権”のことを言います。
土地は生活の基盤であるため、借地権は法的に強固な権利になっています。
そのため借地権という権利に価値が発生しています。
底地とは
底地とは、借地権が付着している土地の所有権を言います。
言い換えれば、他人に貸している土地の事です。(借りている人には借地権が発生しています)
このように借地権と底地は表裏一体の関係です。

借地権と底地が一体となれば、完全所有権になります。
しかし、借地権価格と底地価格を足しても更地価格には及びません。
何故なら借地権と底地は単独では、それぞれの減価を考えなくてはならないからです。

想定事例

地主から土地を借りて住んでいる借地人。
十分なお金が貯まったので底地を買い取って完全なマイホームにしたいと考えています。

一方地主も底地を売り払ってしまい、老後の生活に充てたいと考えています。

しかし借地人が底地を買い取る場合にいくらで買い取れば良いのかまったくわかりません。

借地権・底地

不動産鑑定を依頼することにより、適正な時価が判明したため、鑑定評価額をもとに売買が成立しました。
公正中立の立場からの評価なのでお互い納得です。

借地権・底地における不動産鑑定のメリット

地主さんが借地権を買取り完全所有権にしたい場合や借地人が底地を買い取りたい場合には、適正な価格がわからずもめてしまうこともあります。
しかし、不動産鑑定を用いれば公正中立の評価額が判明するので、お互い納得の上で気持ちよく取引をすることが可能となります。