財産分与

「財産分与」とは?

財産分与とは、夫婦が離婚する際に財産を分配することを言います。
婚姻生活中に夫婦の協力によって得られた財産なので、分配する必要があります。

「財産分与」のための不動産鑑定とはどんな状況

財産分与の方法には次の2通りが考えられます。

①不動産を売却後、現金を分配
自宅不動産を売却してしまい、現金を半分に分け合う方法です。
現金を分配しますのでトラブルが発生する余地が少ないですが、夫婦ともに引っ越しを余儀なくされます。
②不動産を所有した方が、現金で精算
不動産を一方が所有する代わりに、時価の半分をもう一方に現金で支払う方法です。
子供がいて引っ越しが困難ある場合や再購入が手間である場合に有効です。

①の場合は、売却した後に現金で分配しますので不動産鑑定をするメリットは少ないと考えられます。
一方②の場合は、不動産の時価が問題となります。
不動産業者の無料査定書や固定資産税評価額を用いることもあるようですが、いずれも正確な時価を表しているとは限りません。
トラブル防止のためにも不動産の適正な時価は不動産鑑定評価をおすすめします。

想定事例

離婚が決まり、自宅を財産分与することになった夫婦。
子供の通学や環境を変えないために、妻が自宅不動産を所有し、夫が自宅の時価の半分をもらうことで合意しました。
しかし、それぞれが無料査定をしてみると、査定価格が異なって収拾がつきません。

財産分与図

不動産鑑定を依頼することにより、適正な時価が判明したため、鑑定評価額をもとに分配を行うことに。
公正中立の評価であるから、トラブルなく、それぞれが納得いく財産分与になりました。

財産分与における不動産鑑定のメリット

①適正な時価評価
不動産業者の無料査定や固定資産評価額は、その不動産の時価を適正に表しているとは言えない場合があります。
不動産鑑定は価格時点の適正な不動産価格を求めますので最も信頼できる評価です。

②公正中立な評価
不動産鑑定は費用がかかりますが、公正中立の立場から評価を行うことが約束されています。
財産分与という、トラブルになりやすい状況の場合、お互いが納得しうるためにも公正中立な評価であることが非常に重要です。