不動産鑑定の判例等
【ざっくりわかる最高裁判決】国税庁鑑定評価額VS納税者通達価格

はじめに 2022年4月19日、非常に注目していた事件の最高裁判決がでましたので、その内容をご紹介します。 訴訟の発端は、相続人が原則的な評価方法である財産評価基本通達(以下、通達)に従って不動産を評価して申告したにもか […]

続きを読む
不動産鑑定の判例等
【2022年4月19日最高裁判決】国税庁が財産評価基本通達による評価を否定!

はじめに 相続や贈与に係る不動産の評価は国税庁が定めた「財産評価基本通達」によって行われることが原則とされています。 今回は相続人が、国税庁が定めたルール通りに不動産を評価して申告したにもかかわらず、その評価方法を国税庁 […]

続きを読む
不動産鑑定の判例等
建物評価方法 ~固定資産税評価額VS鑑定評価額~

固定資産税評価と不動産鑑定評価 不動産の評価方法には様々なものがありますが、今回は建物評価で「固定資産評価」と「鑑定評価」が争われた事例を紹介します。 まずは、固定資産評価と不動産鑑定評価について簡単にご説明します。 い […]

続きを読む
不動産鑑定の判例等
底地の評価 不動産鑑定vs税務評価

底地の評価 鑑定評価vs税務評価 不動産の適正な価格等については「不動産鑑定評価基準」というルールに則って不動産鑑定士が評価することが認められています。(以下、鑑定評価) 一方で、相続税や贈与税の課税にあたっては「財産評 […]

続きを読む